2015年11月26日木曜日

11/26本国サーバーPVP改編情報

11/26本国サーバーPVP改編情報



<共通>

・PVPにてダッシュスタミナ消耗


開発者コメント
 『緊迫の中で行われるPVPで、移動と回避の乱発は、いうなれば鬼ごっこのようなプレイになってしまうという、本来の意図ではない方向性になってしまいます。「ダッシュ」はスタミナを大きく使うわけではなくとも、スタミナ管理において気を使うべき要素になるでしょう。また、適度な移動・攻撃・防御がバランスを保てるよう試みています』

・仁王立ちスキル9ランクから使用可能な、「ダウンからの回避キーで速い復帰」使用時、この行動中攻撃を受けない様に変更

この起き上がり使用時、完全に起き上がった後も1秒間無敵を追加します


開発者コメント
 『ダウンしたキャラが再び起き上がると同時に攻撃を受け、正常的な戦闘が不可能になってしまう状況を防ぐべく改編致しました
・PVPにて「掴み」行動時、スタミナ10消耗するよう変更


開発者コメント
『「掴み」の使えないキャラからすると、相手の「掴み」は相当なプレッシャーです。「掴み」にスタミナ消耗を加え、そのパフォーマンスに相応のコストを必要とするべく調整致しました』


<リシタ>
・PVPにて次のスキル使用不可に変更

:ヒューリーNo.7
:コメットダッシュ

・PVPで槍リシタの回避時、スタミナ消耗13に減少


<フィオナ>

・PVPにて次のスキル使用不可に変更
ダメージディクリース
シールドチャージ
:アサルトクロトン
:ブルーミングバイオレット
:タウント


<イヴィ> 
基本回避途中スタミナが回復しないように変更

鎌イヴィ摑み追加(Tabキーで可能、キー設定で変更可)


 ・デスレーブルブラッディスレッド攻撃対象が1名に固定するよう変更


・スキル:マナシ適用されないように変更


ダブルキャスティングSP消耗を25、CT5秒に減少


・マナアンバーをより速く解除できるように変更


・PVPで次のスキルを使用不可に変更

幻覚
タートルレッグ
再生
リバースグラビティ
:メテオスウォーム



開発者コメント
 『PVPで杖イヴィはスタミナ消耗がほぼ無しで回避ができ、他キャラより生命力を2倍持っていたとも言える常態でした。「幻覚」スキルによる確定に近い攻撃、多数キャラへのバフ・デバフ効果など、イヴィがPVPにおいて披露してきたその強さは、今回のアプデを通じ消えることになるでしょう。「ヒーリングパール」と「ダブルキャスティング」などを活用し、PVPでのイヴィのプレーが新しく変わることを意図しており、今後ともイヴィが弱すぎず強すぎないよう、持続的な対応を通じ、PVPバランスを保って行くべく努力いたします』

<カロック>

バトルピラーの「衝撃吸収」可能区間が50%減少しました


ブラスターの一部攻撃中の「ウィービング」効果区間が一部減少

サンデーパンチ(3スマ)、ウエストピボット(4スマ)、ダッキング

ビッグバンダメージ減少


・PVPにて次のスキル使用不可に変更

:アースクェイク
:激怒
:インファイティング
:エクスターミネーション
:シャウト

・オーバーヒート状態で「カウンターブロー」後「J.Fバースト」が使えない現象を修正
・戦闘中方向キー2回連打でダッシュができなかった現象を修正

<カイ>
弓カイ一部攻撃時、前方2方向へ2発の矢が放てるように変更
:ショートボウの一般攻撃
:速射
:ロングボウの一般攻撃
:チャージングショット
:マグナムショット

スラストキックダメージ減少浮かし効果削除


スピンキックダメージ及びリーチが減少浮かし効果付与


・弓で浮かせた相手を攻撃時、4発まで当るよう変更


・ガンで浮かせた相手を攻撃時、5発まで当るよう変更


ホローショットダメージ減少


・PVPにて次のスキル使用不可に変更

:フェイタルアロー
アトミック
:バンカーバスター


<ベラ>
鎖ベラ摑み削除

・PVPで次のスキル使用不可に

:テンペスト
:ポラリスソナタ
:レッドアイズ
:ドミネート


開発者コメント
 『レンジャークラスに属するキャラは「掴み」が不可能であるのがPVPでのルールでしたが、鎖ベラは「掴み」が使える状態でした。各グループ別のバランスを保つため、「掴み」削除の変更、ご了承ください』


<ハルク>
復讐バフ効果3段階まで得られるように変更

アタックブレイク掴み可能に変更


・PVPにて次のスキル使用不可に

:デッドエンド


<リン>

・「スキル:開花」の操作キーを変更可能に(たぶん一般戦闘でも可)



開発者コメント 

『「開花」の操作キーが、オブジェを持つ、アイテムを拾う、戦闘中特定状況でのEキー操作と重なり、不便な場合が多くありました。今回の改善を通じ、「開花」基本キーがTABに変わり、またキー設定で変更することが可能になります。また掴みとは別のキー設定となります』


PVPで掴み追加(開花と異なるキー設定になる)



開発者コメント 
 『リンはスピードグループに属しながら、「掴み」が使えませんでした。PVP限定での「掴み」を可能にし、回避及び防御行動をする対象に対応できるよう変更しました』

・PVPにて次のスキル使用不可に変更

百花乱舞


<アリシャ>

・PVPで「ディメンションホール」、「マナリージョン」使用時、回復スタミナ40に減少

(スキル使用にスタミナ10消耗するので、最終的にスタミナ30回復)

・摑みのとき、攻撃をする前に行動をキャンセルする現象を修正


フィストオブブレードダメージ減少


・PVPで次のスキル使用不可

ロードオブマナ


<ヘギー>

・PVPにて次のスキル使用不可
:イルージョンシールド
:イクスティングションロア
:インフィニティレクイエム


開発者コメント 
 『今回のアップデートではPVP中心のキャラバランスの調整を一部行い、未だ調整されてない部分に関しても、計画途中にあります。また、PVE中心のキャラバランスの調整は今後のアップデート時期を目標に準備中であります。以後PVP、PVEバランスを保つべく、持続的に対処すべく努力します』

<アイテム>
栄光の証交換アイテム追加

・「アルケミリキッド:陣営経験値+50」(取引不可)

:使用後24時間以内に変身すれば、1回に限り陣営経験値50追加獲得
1回:栄光の証5枚
5回:栄光の証25枚 
出典:http://www.inven.co.kr/board/powerbbs.php?come_idx=2471&l=27980
「Kovsky」様の記事より





 
【2015年11月28日追記】
本国サーバー
PVP常連プレイヤーとのインタビュー内容

<カロック>
カロックアプデの新パッシブスキル

クリーンヒット(ブラスター限定):16%攻撃が2段ヒット
ジャイアントボーン10%相手の防御無視のダメージ
ジャイアントマッスル30%被ダメージ30%軽減

 本国アリーナ常連のカロックさん、また25連勝してる拳カロさんに聞いたところ、上記3種のパッシブ技PVPにて適用される模様、ただし検証はしていない

 また、「ダッキング」による高速移動は、アリシャのワープやリンの神速並に素早く敵に接近でき、一瞬でアリーナの端から端まで追い討ちが可能(スタミナは消耗するが)

 反面、柱カロの場合、「衝撃吸収」が大分減り、感覚的に言うと柱カロの攻撃の出に吸収は残るが、攻撃後のモーションディレイ等にはほぼ吸収が残っていないらしい。
 
 そして注目すべきは、柱投げ(ピラーオブバレット)バグ全て使用不可になっているらしい。柱投げ時のチャージが表示されなくなり掴み投げができないのは検証済み、スタミナ0投げ、回避投げ、フリマの箱利用投げもおそらく不可能な模様。

<杖イヴィ>

 幻覚がアリーナにてのみ(フリマやトーナメントでは不可)現在使用可能となっているが、公式のアプデ告知には「PVPにて使用不可」と記載されているため、おそらくバグで使える状況、ただし、もしかするとアリーナで幻覚使える仕様なのかも・・・?



<鎌イヴィ>

 

掴み」が追加され、そのモーションは「コンフュージョンホール」のモーションと完全に一致。使用者から見ても区別が付かない。掴み後の攻撃モーション2スマの鎌振り下ろしと同一であり、横に長い攻撃ではないため、他方向への攻撃転換が可能で、掴み後に故意的に外すことも可能。速度があれば故意的に外した後、溜め0スマで硬直した相手を浮かすこともできるが、3~4スマまで当てるのは難しい模様。しかし浮かした後起き攻めで3~4スマを当てることは可能であると見られる。(無論速度にもよるが)

鎌イヴィの掴み


<リン>

リンの「掴み」は全く掴みのモーションではなさそうで、なぜか「開花」のエフェクトが発生するが、エフェクトのみで効果はない。掴みからの攻撃モーションは横に長いため、攻撃方向の転換を試みても、必ず当たる。故意的に攻撃を外すことができないため、硬直した相手を浮かしたり開花でドーンは不可能だと考えて良い。神速直後の掴みは不可能らしい。


リンの掴み


<剣ベラ>
 2スマ、回避スマのダメージが今までの約2倍くらい(25kATKで15kDEF相手に1発320程度の平均ダメージ)、また新スキル「ウィンドライダー」の実装により頻繁にSPの受給が可能になり、「ウィルオブソード」の発動が容易になった。「パーフェクトクロスストライク」は発動可能で、威力も上昇。


 しかし相変わらずカウンターに無敵はなく、相打ちでダメージは食らう。本国に剣ベラはわんさか居るが、カウンターを活用するプレイヤーが一人くらいしかいないため、あまり注目はされていない模様。
 
 ちなみに、ヘギーの2スマ、回避スマをバックラッシュで反射できるらしい。
 

<弓カイ>
先日の翻訳ミスで「スピンキック」(回し蹴り)の攻撃判定が謎のままだったが、スラストキックに代わり浮かし判定が追加された模様。剣リシタ以来の回避直後浮かし技の実装で、コンボとしては
 スピンスラスト×3

 スピン一般攻撃×3
などが可能。スラストキックのダメージ減少により、後者のコンボの方が強力らしい。今回のPVP改編にて最も恩恵を受けたキャラであり、相当強力になっている。


弓の2方向射ち


<鎖ベラ> 

 掴みが削除される以前からも、あまり突出したダメージソースの不在と、その難易度の高さのためプレイヤー自体が殆どいなかったが、今回の改編により残りわずかな常連プレイヤーも激萎えしている模様。フリマやトーナメントでは心臓ラッシュが使えるため、まだ全然戦えるが、アリーナでは絶望状態らしい。

<ヘギー> 

 ヘギーもまた突出したダメージソースが無く、敵に近づかず常に遠距離で闘う場合が勝率が良い模様。ただし味方サポートのスキルも効果がそこまで強力ではないため、フリマやトーナメントで活躍することはほぼ無いらしい。今回の改編でどうやらハメ抜けができなくなったらしく、それ以外に何の改善もなかったため、相当不遇のキャラの模様。

<その他>
 リシタ、フィオナは通常運転、ハルクはABが掴まれるようになったが、それでも十分闘える。アリシャはアリーナで会えなかったが、周りの反応からして依然と強キャラ。ガンカイは忘れてたゴメン。


<起き上がりの無敵バフ>

仁王立ち9ランクから使用可能な「スタミナを使用して早めに回転起き上がり」時のみ、起き上がりに1秒の無敵が生じる。エフェクトはよく見る「無敵バフ」のキラキラと同一であり、攻撃が通じない(掴みは未検証)。ただ、その他の起き上がり及び仁王立ち時には無敵が付かないため、依然としてハメは可能であり、仁王立ちも狙われやすい


起き上がりの無敵バフ1秒

 この改編から開発陣が「誰かの問い合わせ」や「攻略サイトの記事」を中心に改編を行ったという噂が広まっており、逆に言えば「問い合わせ」などをちゃんと参考にしているとも考えられるため、以後改編要望はきっちり発信しておいたほうが良さそうである。


< 以下は実戦映像>


 
本国PVP改編以降、常連の剣リシVSリン実戦アリーナ映像
 
常連の剣リシVSリン実戦アリーナ映像 2
 
常連の剣ベラVSヘギー実戦アリーナ映像
 
常連の剣リシVS拳カロ実戦アリーナ映像
 
常連の鎌イヴィ掴み主体で闘ってみた

参考サイトはコチラ:http://heroes.nexon.com/News/update/View?page=1&postno=676

2 件のコメント:

あねご さんのコメント...

翻訳解説&レポおつかれ!本家のPVP勢の生の声聞けるとかありがたい内容だっ!
改編ほんと楽しみだね~!

ダウリン さんのコメント...

あねごさああああんんn
トーナメントの内容はちょいと一旦スルーしちゃいましたけどね・・・w
いや~本国のアリーナは中々賑ってましたよ~それにいい人も多くて、
18000勝してるって言う鎖ベラさんとも仲良くなっちゃって、今度日本の鎖ベラのアリーナ映像も撮って見せてほしいんだそうです!くっしーと連戦して一番良い試合載せる予定です~
ホントアリーナchだけワールドサーバーがあったらいいのにな~
改編が楽しみすぎてもうたまらないですね~また情報あったらすぐに載せますね~